河口 洋一郎(東京大学大学院情報学環教授)
B5判フルカラー・248頁/本体価格6,000円(税別)
ISBN 4-621-07184-X


本書の特徴
●圧倒的なリアリティ感の原点にある、CGそのものの視覚の原理や基礎技術に注目。
●CGの歴史を概観することで、CGの画像表現の進歩を追究。
●ページをめくるだけで楽しさが伝わってくるオールカラー、かつ視覚的にも楽しめるレイアウト。
●自然にすすんで学ぶ意欲がわいてくる、わかりやすくていねいな解説。


まえがきより抜粋
本書は、CG(コンピュータグラフィックス)に関心があり、これからCGを学ぼうとする方々を対象に編纂しました。初心者にも興味がわくように、豊富な図版を取り入れてわかりやすく解説しています。フルカラーにして、視覚的にも楽しめるようにしました。ページをめくるだけでもCGの雰囲気が伝わってくるような魅力を感じていただければ幸いです。“CGは面白い”とわかれば、自然にCGをすすんで学ぶ意欲がわいてくるものと思います。これからCGを学んでアートやデザインを志す方、CGの技術を習得したい方のみならず、文系、理系のCGに関心のある方への入門にもお薦めします。
河口 洋一郎


組見本
主要目次