[新装復刊]パリティブックス
いまさら電磁気学? 
青野 修 著  パリティ編集委員会 編(大槻義彦責任編集)   
発行元:丸善出版(株)



パリティ1991年4月号~1992年3月号連載の同名の講座を単行本化したパリティブックスを新装復刊しました。 古典物理学として完成された電磁気学は、数式を用いないで語るのは難しく、数式を用いても易しくはありません。そのため、さまざまな分野の基礎である一方、数学的な取り扱いや単位系、数式と現象の関係などがつかみにくい学問であるといえます。 本書では、典型的な事例や現象を取り上げ、数式よりも図を多用してわかりやすく解説しています。 体系的な解説でなく、歴史的発見や身近な出来事を取り上げながら、そのなかで電磁気学が担う役割を紹介していきます。 電磁気現象のおもしろさを再発見し、自然現象の大部分に関係する電磁気学の基礎を目に見えない電磁場をイメージしながら理解できる一冊です。

※ [新装復刊]パリティブックスシリーズ
いまさら量子力学? 2017年11月刊行
歴史をかえた物理実験 2017年10月刊行
いまさら流体力学? 2017年10月刊行
いま、もう一つの素粒子論入門 2017年5月刊行
いまさらエントロピー? 2017年5月刊行


 丸善・ジュンク堂・文教堂の店頭在庫を確認する

【定価】本体1,700円+ 税 【判型・フォーマット】B6 【ページ数・時間】194ページ 【ISBNコード】978-4-621-30209-5 【発行年月】2017年11月

 
目次: