[新装復刊]パリティブックス
いまさら流体力学? 
木田重雄 著  パリティ編集委員会 編  大槻義彦 責任編集   
発行元:丸善出版(株)



流体力学の歴史は古く、アルキメデス、レオナルド・ダ・ヴィンチなどの先駆的な時代に遡らずとも、完全流体やニュートン流体の運動方程式が確立されてから既に一世紀半が経過しています。運動方程式の解を求めれば、流れの構造が全て理解できるといえます。 本書は、1994年刊行のパリティブックスの新装復刊。旧版は、パリティ1992年4月号~1993年3月号連載の同名の講座を単行本化したものです。 身近な例を取り上げながら流体力学の基本的考え方や解析の手法をわかりやすく解説しています。水や空気の流れ、コマや玉子の回転など現象のおもしろさを知ることができ、さらには気象現象や乗り物の抵抗などの裏にある流体現象についてもやさしく解説しています。図や写真も多用しており、初心者の方にも取りつきやすく、理解しやすい内容となっています。

※ [新装復刊]パリティブックスシリーズ
「歴史をかえた物理実験」 2017年10月刊行
「いま、もう一つの素粒子論入門」 2017年5月刊行
「いまさらエントロピー?」 2017年5月刊行

 丸善・ジュンク堂・文教堂の店頭在庫を確認する

【定価】本体1,800円+ 税 【判型・フォーマット】B6 【ページ数・時間】208ページ 【ISBNコード】978-4-621-30208-8 【発行年月】2017年10月

 
目次: