構造物性物理とX線回折 
若林裕助 著     
発行元:丸善出版(株)



あらゆる物質は、原子の組み合わせでできています。原子が物質の中でどのように配置されているかを知り、その物質が持つ伝導性や磁性といった性質との関係を深く理解できれば、より高度な機能を持つ物質を設計することも可能になります。 “普通の物質の普通の性質”を明確にすることで、個々の研究で問題になるような特殊な性質を浮かび上がらせることを目標とし、伝導性や磁性と原子配置がどう関係するかまで解説しています。 本書は2部構成となっています。第 I 部では、格子系に注目して固体物理を整理します。物性と構造の関係を概観し、重要項目をまとめます。 第 II 部では、X線回折での構造観測法を解説します。理想的な回折理論だけでなく、試料によるX線の吸収、多重散乱などの現実的な現象についても述べています。実験を進めるために必要な知識が身に付く一冊です。

 丸善・ジュンク堂・文教堂の店頭在庫を確認する

【定価】本体3,800円+ 税 【判型・フォーマット】A5 【ページ数・時間】290ページ 【ISBNコード】978-4-621-30195-1 【発行年月】2017年09月電子書籍あり

 
目次: