JAMT技術教本シリーズ
臨床化学検査技術教本 
一般社団法人 日本臨床衛生検査技師会 監修     
発行元:丸善出版(株)



床化学検査ではおもに化学反応と光学的検出法を組み合わせた方法を基本として、生体内の物質を分子レベルで検出・定量しています。 このため物質に対する基本的な概念を理解し、分析機器の仕組みや取扱い方法を熟知しておくことが不可欠なものとなっています。検査室の実務を実践するための分析装置の原理と取扱いについて熟知し、精確なデータを出すためのノウハウを身に付け、人体成分(検体)の適正な取扱い、生体成分(検査項目)の生化学的・生理学的特徴を把握し、病態との関係についても専門家として把握し、マスターしておく必要があります。 本書は、各分野で活躍する臨床検査技師が、臨地実習前の学生の方、検査室の現場に配属された初級者の方に向けて解説されています。 順を追って系統立てて学習できるように構成されており、臓器別データの解釈では具体的な症例を提示し解説されています。一冊で臨床化学の重要事項を網羅した、充実の内容となっています。

 丸善・ジュンク堂・文教堂の店頭在庫を確認する

【定価】本体5,200円+ 税 【判型・フォーマット】A4 【ページ数・時間】348ページ 【ISBNコード】978-4-621-30175-3 【発行年月】2017年09月

 
目次: