相転移・臨界現象とくりこみ群 
高橋和孝・西森秀稔 著    
発行元:丸善出版(株)



相転移は、熱力学関数に現れる特異性です。身近で馴染み深い物理現象でもあり、水が凍る・沸騰するなど、物質の性質が急激に変化する現象です。量子力学が支配する微細な系や天体のような巨大な系など、様々なスケールで生じます。特異性は多くの問題で敬遠される存在ですが、相転移の理論ではまともに向き合わなければなりません。 本書は、相転移とは何か、から説き、熱力学・統計力学による記述、平均場理論、Landau理論などの基礎的解説を行った後、相転移に伴う臨界現象の具体的な状態や普遍的性質、その理解に不可欠なくりこみ群について詳説しています。厳密に解けるものを含めたさまざまな模型と近似法を用いて具体的かつ実践的理解を促し、必要な数学的手法もまとめて解説しています。

著者の紹介サイトはこちらをご覧ください。


 丸善・ジュンク堂・文教堂の店頭在庫を確認する

【定価】本体5,200円+ 税 【判型・フォーマット】A5 【ページ数・時間】398ページ 【ISBNコード】978-4-621-30156-2 【発行年月】2017年04月電子書籍あり

 
目次: