JAMT技術教本シリーズ
一般検査技術教本 
一般社団法人 日本臨床衛生検査技師会 監修     
発行元:丸善出版(株)



本書は、2012年に発刊された「一般検査技術教本」の後継書です。 構成は、尿検査の基礎、尿の外観的検査、尿検査各論、尿沈渣検査、尿の自動分析装置、便検査、髄液検査、穿刺液検査、精液検査、寄生虫検査となっており、臨床一般検査室で取り扱う検体検査をほぼ網羅しています。学生の方が教科書や参考書として利用しやすいように、臨床的意義、基礎知識、測定法として見やすく掲載され、臨床検査技師の方が臨床現場で疑問へ回答するようなQ&A、参考情報、検査室ノートなどが取り組まれています。 4章の尿沈渣検査には、アトラスとして多く尿沈渣成分の無染色顕微鏡写真とS染色顕微鏡写真の対比が多く用いられており、各種成分の特徴が明確に解説されています。新規成分の糸球体上皮細胞、新しいタイプの尿細管上皮細胞である丸細胞も掲載し、最新情報が提供されているテキストです。

 丸善・ジュンク堂・文教堂の店頭在庫を確認する

【定価】本体3,500円+ 税 【判型・フォーマット】A4 【ページ数・時間】234ページ 【ISBNコード】978-4-621-30138-8 【発行年月】2017年04月

 
目次: