JAMT技術教本シリーズ
臨床微生物検査技術教本 
一般社団法人 日本臨床衛生検査技師会 監修     
発行元:丸善出版(株)



臨床微生物検査を適切に行うためには、微生物の構造、病原性の基礎知識、感染症の疫学、形態学、培養技術、同定のための生化学的性状など多くの知識と技術を身に付ける必要があります。近年、病院感染や薬剤耐性菌の増加が問題となっており、感染制御における微生物検査室の役割はさらに重要性を増しています。さらに、グローバル化に伴う新興感染症や再興感染症への対応、基本的な用手法から自動機器による同定などの新しい検査技術まで、より一層幅広い知識が求められています。 本書は、臨床微生物検査の豊富な実務経験をもち、教育に携わっている教員や認定臨床微生物検査技師が執筆を担当し、臨床検査技師国家試験出題基準(ガイドライン)に準拠しつつ、微生物と感染症および検査に関する基礎知識から、微生物検査の現場で役立つ最新かつ実験的な技術までを網羅した一冊になっています。 臨床検査技師(国家試験)を目指す学生の教科書として、また、検査業務や各種認定試験(二級臨床検査士および認定臨床微生物検査技師)を目指す臨床検査技師の卒後教育の参考書としても、幅広く活用できるテキストです。

 丸善・ジュンク堂・文教堂の店頭在庫を確認する

【定価】本体5,800円+ 税 【判型・フォーマット】A4 【ページ数・時間】470ページ 【ISBNコード】978-4-621-30086-2 【発行年月】2017年03月

 
目次: