社会学理論応用事典 
日本社会学会 理論応用事典刊行委員会 編     
発行元:丸善出版(株)



社会学理論とは、世の中で起こるさまざまな社会現象を分析・解釈し、理解するために使われる理論的な枠組みであり、社会学研究の根幹をなすものです。 本事典は、社会学の諸理論320余を取り上げ、「理論の生まれた背景」「理論の内容解説」「理論の適用・応用事例」といった三段構成を基本方針として、初学者の方から研究者の方まで幅広いニーズに応える事典を目指して作られています。 第 I 部「フロンティア」では、リスク社会、再帰的近代化、グローバリゼーション論、サイバーカルチャーなど、現代社会を読み解く最前線のテーマを4~6頁にわたって扱っています。 第 II 部「コンテンポラリー」は、本事典のメインをなしており、第二次世界大戦後に生み出された現代理論を、生命と身体、行為と意味に始まり、社会システム、対立とコンフリクト、グローバリゼーションと社会に至る全15章で構成しています。項目のほとんどが見開き2ページの中項目で、社会学理論が手際よく理解できるようになっています。 第Ⅲ部「クラシカル」では、社会学前史から社会学の確立・発展・展開まで、社会学理論の古典を縦横に紹介し、社会学理論の歴史を俯瞰できる大項目事典の形態を採用しています。

 丸善・ジュンク堂・文教堂の店頭在庫を確認する

【定価】本体20,000円+ 税 【判型・フォーマット】A5 【ページ数・時間】952ページ 【ISBNコード】978-4-621-30074-9 【発行年月】2017年07月

 
目次: