航空宇宙工学テキストシリーズ
粘性流体力学 
一般社団法人 日本航空宇宙学会 編  鈴木宏二郎・安倍賢一・亀田正治 著
発行元:丸善出版(株)



航空宇宙工学には、空気力学、飛行力学、構造力学、推進工学等の学問分野が存在しますが、そのうちの空気力学分野について全3巻に分けて、一般社団法人日本航空宇宙学会が編纂した一冊です。 航空宇宙工学を学ぶ学生の方が空気力学の知識を全て網羅できるように、執筆に際し、事前に空気力学のキーワード集を取りまとめている点。巻頭に「空気力学とは」と題した空気力学を俯瞰する章群を掲載している点。全3巻の教科書を通して、学生の方が、将来航空宇宙産業で活躍できるように、すぐに役立つ日本航空宇宙学会会員の企業技術者・研究者の知見が積極的に盛り込まれている点。それら3点が教科書として特徴であるといえます。 空気の粘性は、私たちの普段の生活では全く実感できませんが、高速で飛行する航空機にとってはその性能に大きな影響を及ぼします。その影響する範囲は翼の1cm未満の付近と極めて狭い範囲ですが、この領域から生じる大影響のメカニズムを、本書では丁寧に解説しています。 既に刊行されている「圧縮性流体力学入門」、「空気力学入門」と併せて学ぶことで、空気力学の知識を得られるように構成されています。

 丸善・ジュンク堂・文教堂の店頭在庫を確認する

【定価】本体3,500円+ 税 【判型・フォーマット】A5 【ページ数・時間】210ページ 【ISBNコード】978-4-621-08754-1 【発行年月】2017年07月

 
目次: