パリティ物理教科書シリーズ
量子力学入門 
前野昌弘 著     
発行元:丸善出版(株)



量子力学の歴史を見ていくと、多くの物理学者たちが悩みながら量子力学を創るという難事業を一歩一歩進めていったことがわかります。では、その難しい量子力学を我ら現代人が理解していくのにはどうしたらよいのでしょうか? 本書「パリティ物理教科書シリーズ 量子力学入門」では、量子力学という学問がどのように発展していったのかを明示し、「なぜ量子力学が必要なのか」「どうしてこんなふうに考えなくてはいけないのか」を理解してもらえるように工夫されています。また、初学者のために、必要な基礎知識は可能な限りその場で丁寧に説明されています。 物質の波動性と粒子性や不確定性原理、観測との関係など、初学者がつまずきがちなポイントをわかりやすく解説し、根本的な概念の理解を深めることができるよう配慮しています。本書は「量子力学を納得いくまで勉強したい」と思う方たちにとって役立つガイドとなることでしょう。

◆本書に関する情報は、著者によるサポートページにもあります。


 丸善・ジュンク堂・文教堂の店頭在庫を確認する

【定価】本体2,400円+ 税 【判型・フォーマット】A5 【ページ数・時間】208ページ 【ISBNコード】978-4-621-08620-9 【発行年月】2012年11月電子書籍あり

 
目次: