放射線とつきあう時代を生きる あってはならない、なくてはならない放射線
岩崎民子 著     
発行元:丸善出版(株)



3.11東北大震災に伴う福島原発事故をきっかけに、放射線や放射性物質についての人びとの関心はいやが上にも高まっています。このような背景を受け放射線・放射能について急遽書かれた本が巷間にあふれ、さらに、インターネットなどには事故による環境汚染や放射線の健康への影響について、玉石混淆の断片的な様々な情報が飛び交っています。 本書「放射線とつきあう時代を生きる」は、放射線の科学的基礎知識を一般の読者に正しく伝えることを目的に、医学的治療、モノづくりや農業への利用、放射線の基本知識、そして原子力エネルギーの利用に伴う事故と、その対処方法、事故時における放射線防護までをわかりやすく解説します。

 丸善・ジュンク堂・文教堂の店頭在庫を確認する

【定価】本体1,800円+ 税 【判型・フォーマット】四六 【ページ数・時間】200ページ 【ISBNコード】978-4-621-08604-9 【発行年月】2013年05月電子書籍あり

 
目次: