第2版 現代数理科学事典 
広中 平祐 編集代表  甘利 俊一・伊理 正夫・巌佐  庸 企画委員
発行元:丸善出版(株)



物理学、生命科学、経済学、心理学など、あらゆる科学の通底を流れている数理科学について、日本の考え得る最高の陣容でまとめあげた名著の改訂版。前版(1991年)の読者から長く待ち望まれた改訂版の登場です。 本書は、わかりやすい記述で誰もが数理科学の可能性を実感できる、というコンセプトはそのままに、約20年間の科学の発展、とりわけコンピュータの普及・進歩に伴う最新の数理科学の諸相を体感できる事典です。 編集代表の広中平祐氏を始め、200余名の第一線の専門家が編纂・執筆。わかりやすく本質を正確に捉えることができる精緻な説明に力を注ぎ、一般人でも理解できる内容となっています。 理論数学とは一線を画し、現代社会の礎として数多くの問題を解決してきた数理科学のさまざまな側面を学べるだけではなく、未来の方向性や展望をも感じ取ることのできる、すぐれた力作です。 前版の読者はもちろん、数理科学に新たな可能性を見出したいあらゆる人々におすすめできる事典です。

 丸善・ジュンク堂・文教堂の店頭在庫を確認する

【定価】本体44,000円+ 税 【判型・フォーマット】B5 【ページ数・時間】1470ページ 【ISBNコード】978-4-621-08125-9 【発行年月】2009年12月

  内容の一部を見る pub-VIEWhttp://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/view/9784621081259.html

目次: