現代数学シリーズ
代数的サイクルとエタール・コホモロジー 
齋藤秀司・佐藤周友 著  松本幸夫 ・谷島賢二  編
発行元:丸善出版(株)



代数幾何学や数論幾何学において不可欠な道具となっている「代数的サイクル」と「エタールコホモロジー」の2 つの概念を、その基礎理論から詳細に解説した本邦初の書籍です。 エタール基本群の定義がグロタンディークの名著 "SGA" 第 1 巻よりも具体的に明示されており、かつエタールコホモロジーのサイクル類の交叉公式の証明がすべて書かれています。多様体 (variety)・スキーム・層についての予備知識をもとに、交叉理論・エタールコホモロジー・サイクル写像やその数論的意味・高次元不分岐類体論を学びたい方にお薦めする好著です。著者の斎藤秀司氏は、24 歳で東大助手となって以来、日本が世界に誇る整数論研究を支える中核の 1 人です。

 丸善・ジュンク堂・文教堂の店頭在庫を確認する

【定価】本体8,500円+ 税 【判型・フォーマット】A5 【ページ数・時間】680ページ 【ISBNコード】978-4-621-06512-9 【発行年月】2012年12月

 
目次: