シュプリンガー現代理論物理学シリーズ4
超伝導転移の物理 
池田隆介 著  稲見武夫・川上則雄 編   
発行元:丸善出版(株)



超伝導物理の理論を相転移やそれにともなう臨界現象に力点をおき解説します。類書とは異なり、超流動が超伝導理解の基礎になっている、という視点を強調し、超伝導相への相転移に関する理解の現状や臨界揺らぎに関する内容を特に詳しく解説。「磁場下の超伝導」の現代的理論の理解に役立つ書です。

 丸善・ジュンク堂・文教堂の店頭在庫を確認する

【定価】本体3,800円+ 税 【判型・フォーマット】A5 【ページ数・時間】224ページ 【ISBNコード】978-4-621-06507-5 【発行年月】2012年12月

 
目次: