数学クラシックス
アイゼンシュタインとクロネッカーによる楕円関数論 
A.ヴェイユ 著  金子昌信 訳     
発行元:丸善出版(株)



第I部では、無限級数を基礎にした代数的なアイゼンシュタインの導入方法を出発点とし,そこから古典的な楕円関数論に現れる諸公式を導き,ダムレルの定理へと筆を進めていく.第II部では,クロネッカーの極限公式を中心にクロネッカーの仕事を解説し,最後は数論への応用,実二次体の類数に関する公式,チャウラ- セルバーグの公式を紹介する.

 丸善・ジュンク堂・文教堂の店頭在庫を確認する

【定価】本体2,500円+ 税 【判型・フォーマット】A5 【ページ数・時間】122ページ 【ISBNコード】978-4-621-06374-3 【発行年月】2012年03月

 
目次: