シュプリンガー現代理論物理学シリーズ1
超弦理論・ブレイン・M理論 
太田 信義 著     
発行元:丸善出版(株)



一般相対性理論と量子力学という現代の物理学の基本となる理論を統一するといわれている超弦理論の研究は,M理論の提唱とDブレインの発見という2つの成果(1995年)によって,新たな革命期を迎えている.M理論は,何種類もある超弦理論を統一し,重力を含む現実世界のいろいろな現象をもっともよく記述する理論と考えられる.またDブレインによってM理論や超弦理論のさまざまな解析が可能となっている.本書は,超弦理論のこの近年の発展に焦点を当て,その基本をわかりやすく説明する.

 丸善・ジュンク堂・文教堂の店頭在庫を確認する

【定価】本体4,200円+ 税 【判型・フォーマット】A5 【ページ数・時間】325ページ 【ISBNコード】978-4-621-06230-2 【発行年月】2002年05月電子書籍あり

 
目次: