計算力学レクチャーシリーズ5
粒子法 CD-ROM付 
日本計算工学会 編  越塚 誠一 著    
発行元:丸善出版(株)



画期的な流体・構造解析手法として注目を集めている粒子法の集大成。本方法は、自然現象の分析、可視化をメッシュに分けて行うのではなく、自由に動く丸い粒子の集まりに分けて行う。自由に動くものや大変形を扱うことを容易にし、従来の差分法や有限要素法では計算が困難であった構造解析にとどまらず、映画やゲーム、フライト・外科手術・災害シミュレータなど、幅広く応用できる。開発者本人がMPS法をベースに粒子法について、基礎的な理論の解説から応用例まで紹介。読者はMPS法を中心に、同時に他の粒子法についても知ることができる。MPS法による2次元流体解析コードをCD-ROMに収録。実際にMPS法を用いた計算も体験できる。

 丸善・ジュンク堂の店頭在庫を見る

【定価】本体5,000円+ 税 【判型・フォーマット】A5 【ページ数・時間】156ページ 【ISBNコード】978-4-621-07522-7 【発行年月】2005年02月

 本書関連サイト:http://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/support/ryushiho/
 内容の一部を見る pub-VIEWhttp://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/view/4621075225.html

目次: