情報学シリーズ6
電子ジャーナルで図書館が変わる 
国立情報学研究所 監修  土屋 俊・安達 淳・高野明彦 著
発行元:丸善出版(株)



インターネットの普及と電子ジャーナルの登場は、大学図書館、学術図書館の未来を大きく変えようとしている。アメリカでは「オンラインで情報提供があれば図書館はいらない」という学生が数多く登場しており、いずれ日本でもそのようになると言われている。図書館だけでなく大学キャンパス全体がすべて電子化され、電子教材や試験などが普及するようになると、物理的な大学キャンパスそのものが本当に必要なのかということ議論も出てくるに違いない。このように図書館のみならず研究者・出版社を含めて学術コミュニケーションの変革をもたらすものとして、話題になっている「電子ジャーナル」の現状と課題について、本書では我が国の大学図書館、学会および出版社や代理店を取り巻く諸状況や将来の展望について述べる。

 丸善・ジュンク堂・文教堂の店頭在庫を確認する

【定価】本体2,400円+ 税 【判型・フォーマット】A5 【ページ数・時間】112ページ 【ISBNコード】978-4-621-07180-9 【発行年月】2003年02月

  内容の一部を見る pub-VIEWhttp://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/view/4621071807.html

目次: