情報学シリーズ3
情報学とは何か 
国立情報学研究所 監修  小野 欽司・上野 晴樹・根岸 正光、坂内 正夫、安達 淳 著
発行元:丸善出版(株)



情報に関する広範な研究領域に総合的に関わる学問であり、計算機科学や情報工学だけでなく、生命科学や人文・社会科学のさまざまな分野をも包含する「情報学」に対し、主に国立情報学研究所に所属する専門家たちが、さまざまな見地からアプローチし、情報学の本質に迫る。特に、高度情報化社会において人と情報システムとの自然な共生の実現を目的とする「シンビオティック情報システム」や、ビブリオメトリックス(計量書誌学)の手法を用いた研究評価について論考された「学術情報の流通と利用」等、情報学の多様な姿が示されている。なお、本書は国立情報学研究所が2000年秋に開催したシンポジウム「情報学—情報の新たな地平を目指して—」の内容を全面的に見直し、最新の知見を取り入れて加筆したもの。

 丸善・ジュンク堂・文教堂の店頭在庫を確認する

【定価】本体2,400円+ 税 【判型・フォーマット】A5 【ページ数・時間】126ページ 【ISBNコード】978-4-621-07012-3 【発行年月】2002年02月

 
目次: