ユニバーサルデザインの考え方 建築・都市・プロダクトデザイン
梶本久夫 監修     
発行元:丸善出版(株)



ユニバーサルデザインとは、高齢者や障害者のみならず、健常者を含むすべての人々にとって快適な製品や環境作りを目指す考え方である。1970年代のアメリカで提唱され、日本でも1990年代から普及しはじめたが、高齢化社会に突入し、その実践段階となった今日、さまざまな議論が展開されている。本書では、斯界一流の4人によって、主に建築とプロダクトデザインにおけるユニバーサルデザインの現状と考え方、今後のあり方が語られる。本書は「桑沢デザイン塾」で行われたセミナーをもとに加筆したものである。

 丸善・ジュンク堂・文教堂の店頭在庫を確認する

【定価】本体2,000円+ 税 【判型・フォーマット】四六 【ページ数・時間】178ページ 【ISBNコード】978-4-621-04970-9 【発行年月】2002年05月

  内容の一部を見る pub-VIEWhttp://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/view/4621049704.html

目次: