図説 アフリカの哺乳類 その進化と古環境の変遷 Evolving Eden: An Illustrated Guide to the Evolution of the African Large-Mammal Fauna

Alan Turner Mauricio Anton 著
冨田幸光(国立科学博物館 地学研究部 古生物第三研究室室長) 訳
発行:丸善株式会社 
B5判 上製 320頁 本体価格12,000円 ISBN978-4-621-07834-1
この本を買う

アフリカ大陸は、現在でもさまざまな動物があふれる哺乳類の宝庫であり、同時に人類発祥の地でもあります。本書は、アフリカ大陸における3000万年間の哺乳類、霊長類の存在と進化、そして大陸の自然地理学について解説します。大地と気候、生物との深い関係のなかで、哺乳類、霊長類はどのように進化していったのか、現在に残る化石(骨格)を元に哺乳類の変遷をたどります。また、各所には、特徴的なイラストと写真を多数掲載、各動物の詳細な説明によって理解を深めることができます。大陸を舞台に哺乳類の進化と変遷を貴重なイラストと写真によって、誰でもがわかりやすく学ぶことができる資料集です。

目 次
第1章 年代測定,大陸移動,気候変動,進化の原動力
時間の尺度:年代測定と対比/大陸移動/気候変動/進化

第2章 アフリカでの哺乳類の進化の背景
自然地理/気候/バイオーム/哺乳類の分布

第3章 アフリカの哺乳類―過去と現在
復元の方法/用語法/霊長類の分類学/霊長目/肉歯目/食肉目/重脚目/長鼻目/奇蹄目/偶蹄目/食虫目/ハネジネズミ目/翼手目/有隣目/ウサギ目/齧歯目/管歯目/イワタヌキ目

第4章 アフリカの化石産地
ファユム盆地,エジプト/ゲベルゼルテン、リビア/ビクトリア湖のルジンガ島とムワンガノ島,ケニア/ビクトリア湖のマボコ島、ケニア/フォートテルナン、ケニア/アリスドリフト、ナミビア/ブレデド・ドウアラ、チュニジア/ロサガム,ケニア/チャド盆地、チャド/サハビ、リビア/ランゲバーンウェグ、南アフリカ/アラミス、エチオピア、ほか

第5章 アフリカの哺乳動物相の進化
漸新世〜中新世:アフリカとユーラシアの連結/鮮新世〜更新世:動物相の転換と現代的な動物相の出現:有蹄類、食肉類/人類の進化


組 見 本


丸善(株)出版事業部